大手予備校や学習塾で学べる【面接マナーの身に付け方】

きちんとした確認を

男女

それぞれ対策が違います

医学部に入りたい受験生の方々で迷うのが予備校選びです。まず、受験生の方々がどのような医学部を目指しているかによって、入る予備校が違ってきます。まず、国公立大学の医学部に入る場合です。現在の入試制度であると、センター試験による5教科7科目をまずきちんと対策する必要があります。なぜなら国公立大学の医学部である場合、門前払いがありますから、きちんとマークテストをクリアできなければ2次試験には進めませんから。まずこれが第一で、きちんと9割以上の点数を出すことができる対策が必要です。そして、二次試験の対策です。医学部の二次試験は理数系の試験の中でも医学系の専門性を問いますから、普通の受験対策を行うだけの予備校では対応できません。入りたい予備校が、医学系分野に特化した教育を行うことができているか、口コミ等で確認する必要があるでしょう。私立大学の場合です。国公立大学よりは科目負担は軽いですが、各大学によって出題傾向が異なるのがネックです。従って、自分の目指している医学部の対策について、その予備校がきちんと受験対策を得意としているかを調べる必要があります。それを間違えると、まず志望校に合う対策を取ることが難しくなります。同じ理数系の科目であっても、問われる医学分野の内容や、マーク・記述の独特な対策は、それぞれ予備校によって、得意不得意があるはずです。そして学科試験と合わせて絶対必須の面接対策。医学部では普通の学校と比べて勉強内容が格段に多く厳しいですから、それなりに面背官も圧迫する雰囲気で質問してきます。そういった癖のある対策を得意とする予備校は、きちんと選んでいけば数絞れると思われます。ここで述べた内容は一例となりますが、これだけで受験生の皆様は自分がどんな予備校を選んでいくと良いか分かってくるでしょう。

Copyright© 2018 大手予備校や学習塾で学べる【面接マナーの身に付け方】 All Rights Reserved.