大手予備校や学習塾で学べる【面接マナーの身に付け方】

試験や入試で大切なこと

女子学生

基本的なものを身に着ける

面接をする機会というのは、子供が大人になる過程で少しづつ増えてきます。早い子は幼稚園や小学校入学のための面接から始まり、高校入試や大学入試、そして就職試験ではほとんどの人が面接を経験します。面接を受けるにあたって何よりも重要なのは、マナーです。面接自体の内容が素晴らしくても、マナーがなっていないとそれだけで落とされることもありますので、マナーについてしっかり学んでおくようにしましょう。まず、基本的なことはノックです。会場の扉が閉まっている場合は、入室許可が下りたら必ずノックをて、「失礼します」と一言言ってから入室するのがマナーです。その後は、椅子の前まで行き軽く自己紹介をしたのち、座るのをすすめられたら再び「失礼します」といって座ります。この一連の動作のマナーはとても大切で、面接官は一挙一動を観察していると常に意識しましょう。ただし意識しながらも、落ち着くことも大切です。また面接に挑む服装のマナーも大切です。女性も男性も、基本的に気を付けることは清潔感です。シャツにしわがないか、寝ぐせなどはついていないか、爪は綺麗か、など清潔であるかどうかを良くチェックしてから行くようにしましょう。このような部分も、面接官は厳しく見ています。第一印象というのは、その後の印象も左右するとても大切なものです。基本的マナーをしっかり身に着けておくことで第一印象をアップさせれば、面接に受かる確率はぐっと上がると言えるでしょう。

Copyright© 2018 大手予備校や学習塾で学べる【面接マナーの身に付け方】 All Rights Reserved.